「合わせ」のときは遅刻、連絡遅れ厳禁!

同じ作品のレイヤー同士や、関連の深いレイヤー同士で写真撮影を行う「合わせ」をするとき、当然ですが遅刻は厳禁です。スタジオを借りているときなどは使用時間の問題もありますし、複数人のレイヤーに一度に迷惑をかけることになってしまいます。着替えや準備や移動で時間がかかりそうなとき、例えかかりそうにないときでも、余裕を持って会場に着くように行動しましょう。

合わせをする際は複数のレイヤーが関わることが多く、日時や場所を決めるのも一苦労です。都合を確認する連絡が来たときは、迅速に返すよう心がけましょう。自分が返信をすることで、まとめる側は次のステップに進めます。返信が早いと誘いやすいという印象も残り、次回のイベントなどに声をかけてくれることも増えるかも知れません。合わせのときはレイヤー同士のマナーも問われますので、意識して行きましょう。

Comments are closed.