コスプレウィッグのいろは

衣装とセットで重要視されているのが「ウィッグ(カツラ)」の存在です。漫画やアニメのキャラクターの髪は、色もスタイルもファンタスティックなものが多く、自分の髪だけではなかなか表現が難しいものもあります。

そんなときウィッグの力を借りることによって、超えられなかった壁を超えるようにコスプレの精度がグンと上がるのです。ウィッグはコスプレイヤーにとっても欠かせない重要アイテムとなっています。

コスプレウィッグの種類

・フルウィッグ(オールウィッグ)
ウィッグと聞いて恐らく一番イメージされる、ウィッグの中でも定番のタイプです。髪型全体をサポートするように作られており、頭にかぶるように装着します。そこから好きな髪型にアレンジしたりして使用します。

・ハーフウィッグ
部分的なサポートをするウィッグです。前髪を作りたいときや、地毛にもっと長さが欲しいときなど、ポイント的に付け足して使用します。

・エクステンション
ハーフウィッグよりもピンポイントに装着するタイプのものです。毛束として売られていることが多く、襟足に付けて長さを足したり、地毛とは違う色のエクステを数箇所付けてアクセントにしたりします。

コスプレウィッグの選び方

ウィッグ選びは「使いやすさ」「持ち」「それでなりたいキャラに近づけるか」がポイントです。ウィッグは自分でもカットやセットや染髪をしたりもするので、なるべくよいものをゲットしたいところ。

見た目では「人工毛」か「人毛」かによって大きな違いが現れます。人工毛は手入れしやすいというメリットはありますが、やはり質感に不自然さが出ます。かたや人毛はその逆。その両方を合わせた「ミックス」というタイプもあります。どれが一番自分に合っているかは実際に使いながら選んでいくといいでしょう。

販売店に実際足を運び、色合いやフィット感を確かめて購入するのが確実ですが、最近はネット通販も品揃えが豊富で便利です。ネット通販の場合はなるべく口コミやレビューが掲載されているところを利用すると良いでしょう。

コスプレウィッグのお手入れ

ウィッグは絡まりやすいのが難点。使用後や洗う前には必ず丁寧なブラッシングを施しましょう。その際は、少しずつかけていく事がポイント。少量を手に取り、ゆっくり丁寧にとかしてください。

ウィッグを洗う際は、シャンプーを溶かしたぬるま湯を用意し、その中にウィッグを浸けて揉み洗いします。乾かすときはマネキンなどにかぶせブラッシングを施し、冷風もしくは自然乾燥します。耐熱性のウィッグでも念のため温熱ドライヤーは極力避けましょう。

ウィッグには専用シャンプーや絡み防止スプレーなどの専門グッズもたくさんあります。上手に使用して、ウィッグを長持ちさせましょう。

Comments are closed.